SCADA MAGAZINE » IIoT新時代で注目度の増す監視制御システム(SCADA)の未来トピックス » SCADAの国内シェアと海外シェアについて

SCADAの国内シェアと海外シェアについて

第4次産業革命の到来により、今後ますます注目を集めていくことが予測される監視制御システムSCADA。しかし、現在のSCADAの国内シェアと海外シェアがどうなっているか、詳しくは知らないという方が多いでしょう。そこで今回は、主にSCADAの国内シェアについてご紹介します。

時代と共に役割が変化してきたSCADA

30年以上前からSCADAは、第4次産業革命によってその役割を大きく変化させています。以前は「表示器」としての役割を果たすのみとどまっていたSCADAですが、現在ではIIoTソフトウェアプラットホームに変化。多機能を備えたシステムとして、製造業の多くの場面で活躍し、今後のさらなる普及も期待できます。

この役割の変化により、当初は混乱もありましたが、徐々に導入する目的が明確になるにつれ、SCADAの導入を検討する企業が日本でも増えてきました。では、現在の国内シェアはどうなっているのでしょうか。

導入が遅れているSCADAの国内シェアに注目

近年では日本の大手メーカーも導入を検討し始めているSCADAですが、国内の大手電機メーカーの動きは鈍く、SCADAのシェアを押さえる動きは見られませんでした。それぞれ、自社の専用システムにこだわってしまったのが、その理由ともいえます。

現在、SCADAのシェアを押さえているのはIntellution社とWonderware社です。Intellution社では、iFIX(アイ・フィックス)などの柔軟なカスタマイズができるパッケージを販売。その他にもグラフィックの作画・基本的なプラントデータ収集などの機能を持ったソフトを販売するなど、国内のSCADA市場では高い存在感を発揮しています。

順調に世界市場を拡大しているSCADA

SCADA導入の流れに後れを取っている日本とは違い、世界では順調に市場が拡大しています。SCADA市場は、2019年には110億ドル、2024年には152億ドルと、CAGR (複合年間成長率)は6.7%という数字で成長していく見込みとなっています。

ここまで市場が拡大した理由としては、遠隔端末ユニット (RTU) の需要増加が挙げられます。遠隔端末ユニットをミスなく正確に管理していくため、SCADAの存在が必要とされているのです。また、世界でもっとも市場のシェアを占めているのは、アジア太平洋地域諸国となっています。

まとめ

欧州に比べると導入の動きが鈍く、日本の大手電機メーカーがシェアを押さえられなかったSCADA市場。世界では今後ますます市場拡大の動きが活発になっていくことが予想されており、今後国内の市場にも何らかの変化が起きる可能性はあります。成長著しいSCADA市場には、今後ますます注目です。