SCADA MAGAZINE » 【業界別】SCADAの活用方法と導入事例 » ごみ焼却施設のSCADA

ごみ焼却施設のSCADA

ごみ焼却施設では、焼却炉を安定的に連続して運転することが必要になります。そのために、中央制御室には、SCADAによる監視制御を実施する必要があります。また、焼却に関する定量的なデータを収集管理することも、のちのちの分析のために重要なことになります。ここでは、ゴミ焼却施設のSCADAの機能・役割・効果等について確認していきましょう。

ごみ焼却施設のSCADAの機能

ごみ焼却施設では、SCADAは次のような機能を持ちます。①各設備の電気制御機能や燃焼炉の燃焼制御等の工程制御機能、②中央監視装置やデータ収集機能。ごみ焼却施設のSCADAは、設備等の制御とその監視・データ収集を主な機能にしているといえるでしょう。

SCADAの監視項目と計器

SCADAによって監視の対象になるものは、ごみの焼却量、焼却炉の温度、排ガス規制智等です。温度計、流動計、圧力計、レベル計等の様々な計器で監視する画面と機器の運転操作を行う画面があり、安全・安心に操作できるように、警報アラームの機能も備わっています。SCADAによる対象パラメータの定量的管理は、ごみ焼却施設の安全性を維持することに寄与しているといえるでしょう。

ごみ焼却施設でのSCADAの役割

ごみ焼却施設では、燃料の安定性、省エネ、操炉コスト、排ガスの排出規制が厳しく、SCADA による管理は重要になります。SCADAによる制御で、こうした燃料や廃ガスを定量的に管理でき、一定の品質を維持することが可能になります。SCADAによる管理は、ごみ焼却施設の安全性を維持するだけでなく、品質の一定化や省エネ・コスト削減の効果をもたらすといえるでしょう。

ごみ焼却施設でのSCADAの役割と効果

ゴミ焼却施設のSCADAは、設備や計器の制御とその監視・データの収集をすることで、ゴミ焼却施設を安全に管理し、計量データを残しているといえます。このSCADAの制御機能により、エネルギー・コストの使用効率を上げ、排ガスを最小化しています。このように、ゴミ焼却の品質を一定に保ち、経済性と環境配慮にも繋がるといえるでしょう。

おすすめSCADAソフト3選

SCADAを導入するにあたって、自社の環境や仕様、既存機器との連携など、さまざまな点を考慮しなければなりません。開発や導入の工数やコストも含めてコータルコストを加味したうえで、おすすめのSCADAソフトを3つピックアップしました。

コストパフォーマンス、使い勝手など各機能を比較。また、導入時・導入後に安心・安定して使用し続けられるかという点を考慮し、「コスパ」「実績」「知名度」別に参考となるパッケージ料金とカタログをご紹介しています。気になるSCADAの詳細を確認したうえで、どんな仕様での導入を検討しているのか、特別な開発が必要なのかなど、具体的な問い合わせを各社にしてみましょう。

  • 01コスパ

    COST PERFORMANCE

    FA-Panel6

    tag数無制限1クライアント:275,000円(※2)

    株式会社ロボティクスウェア|FA-Panel6のカタログ表紙

    引用元:株式会社ロボティクスウェア公式HP(https://www.roboticsware.com/pdf/pamphlet/FA_Panel6.pdf)

    標準装備の幅広さに加え、日報作成などの便利な機能がパッケージに組み込まれ、追加開発や管理拡大時にもほぼ追加購入は不要。導入後のトータルコストを含めてコスパの良いプランで提供されています。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    問い合わせる

  • 02実績

    INTRODUCTION RECORD

    zenon

    16tag制限プラン:150,000円(※3)

    株式会社リンクス|zenonのカタログ表紙

    引用元:株式会社リンクス公式HP(https://linx.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/01/linx_pamp_1912_COPADATA.pdf)

    トヨタなど世界のトップメーカーが導入したSCADA/IIoTプラットフォーム。150,000円からのOperatorライセンス開発版(含むテスト用ランタイム)も用意されており、最小構成での導入も可能です。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    活用事例を見る

  • 03知名度

    MAJOR BRAND

    JoyWatcherSuite

    tag数上限65,536点開発版:428,000円(※4)

    ジェイティ エンジニアリング株式会社|JoyWatcherSuiteのカタログ表紙

    引用元:ジェイティ エンジニアリング株式会社公式HP(https://secure-link.jp/wf/?c=wf35964003 ※5)

    JTE設立以前より開発していたDCSから、現在のJoyWatcherへと時代に合わせた変化を遂げてきた純国産のSCADA。高い操作性を誇り低コスト・短期間で手軽に監視システムを構築できます。

    カタログダウンロード用
    入力フォームを見る(※5)

    公式HPで
    機能詳細を見る

【選定条件】
tag数無制限プランでコスパの良いソフト、大手メーカーへの導入実績が豊富なソフト、検索数の多いソフト(SCADA-MAGAZINE調べ)
※1 各メーカーで標準仕様は異なるため、詳細は必ず見積もりを取って確認してください
※2 クライアント数別にプラン設定されています(10クライアント:330,000円、20クライアント:440,000円)
※3 タグ数64、PLCドライバ1つ、トレンド&ヒストリアン限定版のみ。同一PCで動作する同等のランタイムライセンス一本含む
※4 開発版のみの価格となります(本体版は128,000円)
※5 カタログのダウンロードは登録制となっているため、登録ページのURLを表記しています