SCADA MAGAZINE » 【業界別】SCADAの活用方法と導入事例 » 交通・鉄道のSCADA活用

交通・鉄道のSCADA活用

交通・鉄道のSCADA活用イメージ

鉄道のダイヤを支えているのはSCADAのような監視システムであり、異常に対しての対処や情報共有と無くてはならない存在です。さらにクラウド型のサービスやアプリとも連動しているような会社もあり、利用者の利便性と安全への質を追求されていると感じられます。

交通・鉄道業界でのSCADAが果たす役割とは?

鉄道業界における役割は、日々変化する線路状況の安全管理やトラブルがあった際に起こるダイヤの乱れへの対処など、「通常運転」の状態をいかに継続するかという点おいて重要なポジションにあります。日常のなかで正常化を求められる分野だからこそ、IoT・SCADAを活用した監視・管理体制は必須と考えられます。

交通・鉄道業界でのSCADAを活用するメリットとは?

各路線に点在する駅同士のリレーション、同じ監視モニターや対応したデバイスを見ることで共有のタイムラグを無くせること。都心部の大きな駅ではその駅自体が一つの商業施設のような機能をもっているところもあります。そのような駅の中でも同じです。

交通・鉄道業界でのSCADA活用事例

新幹線では輸送計画から運行・車両・保守作業に至る全ての管理を総合システムにて処理をしています。計画で作成されたダイヤを各現場にダイレクトに伝え、そこから各現場で車両の割り当てや人・乗務員の運用計画を行います。

SCADAを導入することで、自然災害など状況変化には柔軟に対応し、的確な進路制御によってダイヤの変更を関係する駅の案内情報にて迅速に提供することが可能です。日本の鉄道インフラは諸外国と違い、かなり時間に対して厳しい印象ですが、SCADAのような監視体制があるからこそ速やかな復旧ができるようになっています。

交通・鉄道業界でSCADAを活用するなら

鉄道会社、各社において既に何かしらのSCADAやIoTは浸透している印象ですが、システムが古いことが原因で、万が一事故が発生するような事態になってしまっては元も子もありません。線路状態の異常検知、そして適格な対応、その精度を求めるならシステムの更新も必須項目と言えるかもしれません。

【業界別】
SCADA活用方法と導入事例を見る

おすすめSCADAソフト3選

SCADAを導入するにあたって、自社の環境や仕様、既存機器との連携など、さまざまな点を考慮しなければなりません。開発や導入の工数やコストも含めてコータルコストを加味したうえで、おすすめのSCADAソフトを3つピックアップしました。

コストパフォーマンス、使い勝手など各機能を比較し、導入時・導入後に安心・安定して使用し続けられるかという点を考慮し、「コスパ」「実績」「知名度」別に参考となるパッケージ料金とカタログを紹介しているので、気になるSCADAの詳細を確認したうえで、どんな仕様での導入を検討しているのか、特別な開発が必要なのかなど、具体的な問い合わせを各社にしてみましょう。

  • 01コスパ

    COST PERFORMANCE

    FA-Panel6

    tag数無制限1クライアント:250,000円(※2)

    株式会社ロボティクスウェア|FA-Panel6のカタログ表紙

    引用元:株式会社ロボティクスウェア公式HP(https://www.roboticsware.com/pdf/pamphlet/FA_Panel6.pdf)

    標準装備の幅広さに加え、日報作成などの便利な機能がパッケージに組み込まれ、追加開発や管理拡大時にもほぼ追加購入は不要。導入後のトータルコストを含めてコスパの良いプランで提供されています。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    機能詳細を見る

  • 02実績

    INTRODUCTION RECORD

    zenon

    16tag制限プラン:150,000円(※3)

    株式会社リンクス|zenonのカタログ表紙

    引用元:株式会社リンクス公式HP(https://linx.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/01/linx_pamp_1912_COPADATA.pdf)

    トヨタなど世界のトップメーカーが導入したSCADA/IIoTプラットフォーム。150,000円からのOperatorライセンス開発版(含むテスト用ランタイム)も用意されており、最小構成での導入も可能です。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    機能詳細を見る

  • 03知名度

    MAJOR BRAND

    JoyWatcherSuite

    tag数上限65,536点開発版:428,000円(※4)

    ジェイティ エンジニアリング株式会社|JoyWatcherSuiteのカタログ表紙

    引用元:ジェイティ エンジニアリング株式会社公式HP(https://secure-link.jp/wf/?c=wf35964003 ※5)

    JTE設立以前より開発していたDCSから、現在のJoyWatcherへと時代に合わせた変化を遂げてきた純国産のSCADA。高い操作性を誇り低コスト・短期間で手軽に監視システムを構築できます。

    カタログダウンロード用
    入力フォームを見る(※5)

    公式HPで
    機能詳細を見る

【選定条件】
tag数無制限プランでコスパの良いソフト、大手メーカーへの導入実績が豊富なソフト、検索数の多いソフト(SCADA-MAGAZINE調べ)
※1 価格はすべて税抜表記。各メーカーで標準仕様は異なるため、詳細は必ず見積もりを取って確認してください
※2 クライアント数別にプラン設定されています(10クライアント:300,000円、20クライアント:400,000円)
※3 タグ数64、PLCドライバ1つ、トレンド&ヒストリアン限定版のみ。同一PCで動作する同等のランタイムライセンス一本含む
※4 開発版のみの価格となります(本体版は128,000円)
※5 カタログのダウンロードは登録制となっているため、登録ページのURLを表記しています