SCADA MAGAZINE » 【厳選!】SCADAソフトの料金&機能 » CitectSCADA

CitectSCADA

世界中のあらゆる国々で利用されるシュナイダーエレクトリック製・CitectSCADAを調査しました。FA・BA分野の幅広い監視・管理システムに採用され、大規模なシステムにも対応するソフトの料金や機能・性能・動作環境を紹介します。

CitectSCADAの特徴

多国語対応で切り替えが簡単

Vijeo Citectは細かく設定を変更しなくても、最初から多国語に対応しているようです。制御用画面から簡単に言語を切り替えることができます。そのためワールドワイドに稼働している工場でも現地の言語に応じた設定で運用が可能。

システムの継承性

PCベースでプロジェクトを運用する場合PC本体の更新、もしくはOSのバージョンアップも必要になるかと思います。Vijeo Citectはシステム更新時、既存のプロジェクトを継承するので環境を変えても手間がかからない運用を可能としています。

冗長化構成により通信の信頼性と柔軟性を確保

Vijeo Citectはシステムの冗長化構成に力を入れているようです。冗長化構成とは設備や装置等を複数揃えることにより、一部に不具合が発生しても運用可能にすることです。トレンドやアラームタスクなど、各タスクを1つのCPUではなく複数に分散させることで通信の遅延を防ぎます。更にランタイムマネージャーを活用すれば、各タスクを停止したり再起動するといった柔軟な対応が可能。

作業環境と利便性を高める強力機能が満載

CitectSCADAには、作業環境の改善と利便性を向上させるべく、強力な機能が惜しみなく搭載されています。図式によるプロセスの視覚化をはじめ、優れたアラーム管理、高機能クラスタリングオプション、ヒストリカル又はリアルタイムでのトレンド表示、レポーティング機能内蔵、統計処理制御、パワフルな分析ツールなど、便利な機能が満載です。

CitectSCADAの料金プラン

※どの機能を利用するか等によって料金が異なります。導入をお考えの方はまず営業窓口にお問合せし見積もりを行ってもらいましょう。

CitectSCADAのおすすめポイント

高速性や信頼性、拡張性や継承性を強みにしており、世界でも様々な国で使用されている点が特徴となります。多国語対応で言語の切り替えもワンタッチで可能ということなので、様々な国で工場を稼働させている場合に導入がしやすいかと思います。また、モバイル端末でのアクセスができWonderware製品との連携も可能、タスク分散により高速通信が出来るなど機能が豊富な点も魅力です。

【SCADA徹底比較】
導入コストを抑えた
おすすめSCADAソフトを見る

CitectSCADAの導入事例

※公式HPで事例の紹介はありませんでした。

CitectSCADAの概要

CitectSCADA|富士電機株式会社公式HP

引用元:CitectSCADA|富士電機株式会社公式HP(https://www.fujielectric.co.jp/about/company/contents_00_03.html)

会社名 富士電機株式会社
所在地 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
主な導入先 非公開
契約SIパートナー 非公開

CitectSCADAの動作環境・対応OS

CitectSCADAのバージョンアップ情報

※バージョンアップ情報はありません。

CitectSCADAの対応PLCメーカー

※各種機種の対応PLCの情報はありませんでした。詳しくは公式HPよりお問い合わせください。