SCADA MAGAZINE » SCADA 最新情報 » SCADA市場-「2030年末までに204憶米ドルの市場価値に達する予測」

SCADA市場-「2030年末までに204憶米ドルの市場価値に達する予測」

Kenneth ResearchがSCADA市場の予測評価を2021年7月30日に発刊しました。本稿は、以下の記事を参考にSCADA市場の今後の予測をまとめたものです。

「SCADA(監視制御およびデータ収集)市場-「2030年末までに204憶米ドルの市場価値に達する予測」ー世界の収益、トレンド、成長、シェア、規模、予測2022-2030年」

(https://www.sankei.com/economy/news/210731/prl2107310020-n1.html)

2030年末までに市場は204億米ドルに達する予想

SCADA市場の成長ドライバー、ビジネスチャンスに関することが書かれているKenneth Researchの調査レポートによると、SCADA市場は、2022年に116億米ドルの市場価値となり、2030年末までには204億米ドルに達する予想となっています。レポートの予測期間は2022年~2030年。この予測期間中の予測CAGR は8.3%です。

SCADA市場に関わるインターネットデバイスの進化

そもそもSCADAとは、産業オートメーション制御システム。複数の場所に設置したデバイスからリアルタイムでデータを収集し、設備や機器を監視・制御できます。複数箇所のデータは一元化され、一箇所でSCADAを制御。シンプルな構成でも大規模なプロジェクトでも対応できることから、電気通信、石油・ガス精製、輸送、発電所など、あらゆる種類の企業で使用されています。IEEE、米国規格協会(ANSI)、電力研究所などがSCADAシステムの標準化を推進している点も、今後の成長を促進する要因と言えるでしょう。

SCADA市場の成長に大きく関わるのは、インターネットデバイスの技術進歩です。インターネット関連の業界は進歩がめざましく、2023年までに200億超ものデバイスがインターネットに接続されるとの推定が出ています。「ネット社会」とも言われる現在。毎秒数百のデバイスがインターネットに接続されています。こうしたデジタル変革は、今後のSCADA市場の成長を後押しする要因です。

5Gが広く展開されると、電気通信サービスプロバイダーの間でさらに大きなビジネスチャンスが生まれると期待されています。LTEサブスクリプションも大きく成長しており、継続的な成長は54億を超える予想です。5Gを接続した拡張モバイルブロードバンドサブスクリプションは2023年末までに10億を超える可能性があります。

アジア太平洋地域の大きな成長が見込まれる

地域による成長率も確認しましょう。

2017年のデータによると、コンピューターと家電製品を含むICT商品の総輸出額は香港が最も高く、51.7%でした。次いで、フィリピンが35.7%です。シンガポールが32%、マレーシア31%。中国27.07%、韓国が24.74%と続きます。

世界の情報通信技術製品の総輸出シェアは、2016年に11.20%でしたが2017年は11.51%。着実に増加しています。

市場を北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの5地域に分割して分析すると、特に大きな成長が期待できるのはアジア太平洋地域です。予測期間の2030年までにSCADA市場の最大のシェアを保持するだろうとみられています。

こうした成長を促進させているのは、アジア太平洋地域にあるYokogawa Electric, Mitsubishi Electric, OMRONなどの大手企業の存在。オートメーション技術の生産拠点としての役割を担っています。再生可能エネルギー、スマートグリッド、上下水道、運輸部門での積極的な導入がアジア太平洋地域のSCADA市場の成長を刺激するでしょう。