SCADA MAGAZINE » 【厳選!】SCADAソフトの料金&機能 » SIMATIC SCADAシステム

SIMATIC SCADAシステム

工場の製造ラインやインフラストラクチャーアプリケーションなど、あらゆる場面でのデータ管理を行うSIMATIC SCADAシステム。その特徴や価格、性能についてご紹介します。

SIMATIC SCADAシステムの特徴

幅広い対応力で効率化・透明化を実現

工場の生産ラインからアプリケーションの運用に至るまで、幅広くモニタリング・データ収集を行えるSIMATIC SCADA は、臨機応変に様々な現場で作業環境の改善をサポートします。エネルギーの使用量やアクセス量などを確実に計測し、コスト削減や作業の効率化をサポート。オペレーターやアプリケーション、マシンなど全ての動きを可視化することにより、生産ラインの透明性を維持します。セキュリティ企画も万全に満たしているため、操作エラーのリスクも低いのが特徴。

将来的な変更にも順次対応

現在、工場系の環境を監視するSCADAシステムに課せられる課題は豊富にあります。その一つである「膨大な量のデータを管理する」という点において、SIMATIC SCADA は効率的なパフォーマンスを見せてくれます。シンプルなシングルユーザーステーションも分散型のマルチユーザーシステムも軽々こなし、日々増え続けるデータ量をシンプルに管理することが可能。拡張性のあるシステムや異種システムとも対応し、一度運用を開始した後はコア機能を向上させ続けられる、永続的なシステムとなります。

タブレットやスマートフォンからアクセス可能

SIMATIC SCADAで得たデータやレポート、通知はタブレットやスマートフォン端末でも受け取ることができます。モバイル端末との連携を図れば、いつでもどこからでも管理画面にアクセス可能。アラート機能を活用すればさらに操作性が広がります。マルチタッチジェスチャーと呼ばれる操作コンセプトも採用されており、簡単な操作ならモバイル端末からでも可能となります。

取得したデータはノウハウに変えられる

SIMATIC SCADAシステムはデータを集めるだけの収集マシンではありません。むしろ各段階で得られた知識を効率よく集約し、単なるデータから有用なノウハウへ変えるための分析に対応しています。そして、分析が施されたデータは目的に応じて評価され、ユーザーは直接通知を受け取り、的確な診断を素早く取得できます。結果、得られるメリットはダウンタイムの短縮と、オペレーションを効率化するための手段の特定です。

SIMATIC SCADAの料金プラン

SIMATIC SCADAの価格は公式HPに記載されていませんでした。

SIMATIC SCADAシステムのおすすめポイント

現場の種類だけでなく、使用するエンジニアや環境など…状況を問わずあらゆる面で活用できるのがSIMATIC SCADAの大きな特徴です。国家規格からシステム内部スクリプトまで、様々なインターフェースをサポートするオープン性の高さを持ちます。高性能なデータアーカイブ機能やデータ監視機能により、生産性の工場に貢献。既存ハードウェアの統合も容易に行い、操作エラーの防止やセキュリティ機能の増強などもサポートします。

【SCADA徹底比較】
導入コストを抑えた
おすすめSCADAソフトを見る

SIMATIC SCADAシステムの導入事例

※公式HPでは導入事例の紹介がありませんでした。

SIMATIC SCADAシステムの概要

SIMATIC SCADAシステム|株式会社SIEMENS公式HP

引用元:SIMATIC SCADAシステム|株式会社SIEMENS 公式HP(https://new.siemens.com/jp/ja/products/automation/industry-software/automation-software/scada.html)

会社名 SIEMENS
所在地 Siemens AktiengesellschaftWerner-von-Siemens- Straße1 80333 Munich Germany
主な導入先 非公開
契約SIパートナー 非公開

SIMATIC SCADAシステムの動作環境・対応OS

公式HPに記載がありませんでした。

SIMATIC SCADAシステムのバージョンアップ情報

※バージョンアップ情報はありません

SIMATIC SCADAシステムの対応PLCメーカー

三菱電機 横河電機 オムロン 富士電機 日立製作所 キーエンス シャープ パナソニック 安川電機 シーメンス Rockwell
記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし