SCADA MAGAZINE » 【業界別】SCADAの活用方法と導入事例 » 排水・給水プラントのSCADA活用

公開日: |更新日:

排水・給水プラントのSCADA活用

排水・給水プラントのSCADA活用イメージ

生活用水、居住区近くの川や湖、ダムなど生活につながる「水」というものは様々形で関わっています。飲水のための洗浄、生活汚水を綺麗にしたり、水位を図るRTU遠方監視制御装置の監視などSCADAは活用されています。ここでは、排水や給水プラントなど「水」を管理する際のSCADAの役割・活用方法を紹介します。

排水・給水プラント業界でのSCADAが果たす役割とは?

人々の食生活とクリーンな環境づくりにおいて、もっとも重要な部分を担っているように思います。水はなくてはならないもの、自然災害で被害を受けた時も、新鮮な水がどれほどの助けになるかは想像に難しくないはずです。

排水・給水プラント業界でのSCADAを活用するメリットとは?

リアルタイムな監視と制御

プラント内の様々な機器やプロセスの状態をリアルタイムで監視し、必要に応じて制御できます。これにより、異常な状態が早期に検知され、適切な対応がとられるため、設備の故障や事故を防ぐことができます。

データの収集と分析

プラント内の機器やプロセスからデータを収集し、リアルタイムで分析することができます。これにより、プラントの運転状況や稼働率、エネルギー消費量などを把握し、改善のためのデータ分析が可能になります。

エネルギー効率の向上

エネルギー消費量をリアルタイムで監視し、省エネルギー化のための改善案を提案することができます。これにより、エネルギー効率の向上が図られ、運転コストの削減が可能になります。

遠隔監視と制御

インターネットを介してリモートからプラントを監視し、必要に応じて制御することができます。これにより、地理的に離れた複数のプラントを一元的に監視・管理することができます。

システムの一元化

プラント内の異なる機器やシステムを一元化することができます。これにより、情報の共有やシステムの統合がスムーズに行われ、運用の効率化が図られます。

監視する立場においてはメリットというよりもSCADAのような監視システムはもはや必須です。反対に導入しないことへのリスク管理、デメリットが多いように感じます。その他としては、大型施設だと監視システムによる節水にも役立ちます。

排水・給水プラント業界でのSCADA活用事例

ニュージーランド最長の河川であるワイカト川は、ハミルトン市のすべての給水を担っています。飲料水には有害生物は混入しておらず給水基準の確認は同市議会が管轄。市はSCADAシステムのアップグレードも行っており、プラントの監視制御機能と稼働効率を向上させています。このようなアップグレードを行ってから、向こう10年は市の消費者に対して新鮮な飲料水とクリーンな環境を提供できるようになっているという事例があります。

排水・給水プラント業界でSCADAを活用するなら

SCADAを活用するにあたっては常に最新のシステムに更新することが重要であると考えられます。そのため、システムの内容やコストパフォーマンスにおいてもよく思案し選ぶ必要があります。誰しもがクリーンな環境であることを望むため、この業界においてSCADAを活用するということは基本かもしれません。

【業界別】
SCADA活用方法と導入事例を見る

おすすめSCADAソフト3選

SCADAを導入するにあたって、自社の環境や仕様、既存機器との連携など、さまざまな点を考慮しなければなりません。開発や導入の工数やコストも含めてコータルコストを加味したうえで、おすすめのSCADAソフトを3つピックアップしました。

コストパフォーマンス、使い勝手など各機能を比較。また、導入時・導入後に安心・安定して使用し続けられるかという点を考慮し、「コスパ」「実績」「知名度」別に参考となるパッケージ料金とカタログをご紹介しています。気になるSCADAの詳細を確認したうえで、どんな仕様での導入を検討しているのか、特別な開発が必要なのかなど、具体的な問い合わせを各社にしてみましょう。

  • 01コスパ

    COST PERFORMANCE

    FA-Panel6

    tag数無制限1クライアント:275,000円(税込)(※2)

    株式会社ロボティクスウェア|FA-Panel6のカタログ表紙

    引用元:株式会社ロボティクスウェア公式PDF(https://www.roboticsware.com/pdf/pamphlet/FA_Panel6.pdf)

    標準装備の幅広さに加え、日報作成などの便利な機能がパッケージに組み込まれ、追加開発や管理拡大時にもほぼ追加購入は不要。導入後のトータルコストを含めてコスパの良いプランで提供されています。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    問い合わせる

  • 02実績

    INTRODUCTION RECORD

    zenon

    16tag制限プラン:150,000円(※3)

    株式会社リンクス|zenonのカタログ表紙

    引用元:株式会社リンクス公式PDF(https://linx.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/01/linx_pamp_1912_COPADATA.pdf)

    トヨタなど世界のトップメーカーが導入したSCADA/IIoTプラットフォーム。150,000円からのOperatorライセンス開発版(含むテスト用ランタイム)も用意されており、最小構成での導入も可能です。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    活用事例を見る

  • 03知名度

    MAJOR BRAND

    AVEVA

    料金プランの記載はありませんでした

    aveva

    引用元:AVEVA公式HP(https://www.aveva.com/ja-jp/)

    AVEVA社のSCADAソリューションは世界中の180ヵ国以上で業種を問わず標準的に使用されており、累計で約80万本以上のライセンス導入※という実績があり、全世界的な知名度を誇っている企業です。

    公式HPで公開されている
    カタログを見る

    公式HPで
    ソフト別詳細を見る

    ※参照元:Pro-face公式HP(https://www.proface.com/ja/lp/aveva/2022)

【選定条件】
Googleで「SCADAソフト」検索して10ページ目までに表示されるSCADAを開発している企業30社を調査(2023年5月9日SCADA-MAGAZINE調べ)
■コスパ:FA-Panel6-料金を掲載していてtag無制限のSCADAの中でも最も安い製品から
           
■実績:zenon-アウディ、BMW、フォルクスワーゲンをはじめ大手自動車メーカー、医薬品メーカー、電力会社など電力会社などの企業の導入実績から
■知名度:AVEVA-世界180ヵ国以上と国内外問わず最も世界で使用されているという知名度から
※1 各メーカーで標準仕様は異なるため、詳細は必ず見積もりを取って確認してください
※2 クライアント数別にプラン設定されています(10クライアント:300,000円、20クライアント:400,000円)
※3 タグ数64、PLCドライバ1つ、トレンド&ヒストリアン限定版のみ。同一PCで動作する同等のランタイムライセンス一本含む
SCADA徹底比較!「コスパ」「実績」「知名度」別に
        おすすめソフトをPickUP! SCADA徹底比較!「コスパ」「実績」「知名度」別に
        おすすめソフトをPickUP!