SCADA MAGAZINE » IIoT新時代で注目度の増す監視制御システム(SCADA)の未来トピックス » 3業界に特化したSCADAでIIoT(産業向けIoT)の構築に力を注ぐリンクスとは?

3業界に特化したSCADAでIIoT(産業向けIoT)の構築に力を注ぐリンクスとは?

第4次産業革命によりその役割を大きく変えたSCADAは、既に海外では積極導入が進められていますが、一方で日本では従来の「表示器」としてのイメージが強く、なかなかIIoT(産業向けIoT)として注目している企業は少ないのが実情でしょう。そんななかで、SCADAに注目している日本の会社が株式会社リンクスです。

最先端のテクノロジーを駆使するリンクスとは?

1990年に創設された株式会社リンクスは、「世の中の一歩先を行く製品を市場に提供し、国内のお客様の満足をいただくべく全力を尽くす」という経営理念のもと、常に最先端のテクノロジーにアンテナを張り続け、国内に展開しています。

そんなリンクスが注目しているテクノロジーこそが、海外で浸透率を高めているSCADAです。SCADA導入にそこまで積極的ではない企業が多い日本において、リンクスはSCADAを利用し自動車・製薬・飲食料品の3業界に特化したIIoTの構築に注力しています。

リンクスが取り扱うSCADAの特徴

リンクスが取り扱っているSCADAは、世界90カ国以上で導入が進んでいるCOPA-DATA社のSCADA「zenon(ゼノン)」です。産業用のIoTソフトウエアプラットフォームに適したSCADAであるzenonは、データ収集機能・データベース・表示器・解析・作業履歴管理などの機能を備え、さまざまな業界で活躍が期待できます。

たとえば、海外の自動車業界では、生産性を高めるための補助・支援ツールとして、製薬・飲食業界では厳しい基準をクリアするためのデータ収集機能装置として、SCADAは欠かせない機能を果たしているのです。

リンクスが見据える今後のSCADA活用

今までのリンクスは、自動車、製薬、飲食料品産業に絞りSCADA展開していました。これは、この3つの業界がIIoTとしてのメリットが出しやすかったのが理由です。しかし、SCADAはデータベースやデータ解析、BIツールなど、IIoTを構築するため本来であれば別個備えなくてはならない要素をすべて備えています。

そのため、リンクスでは今後3つの業界にとどまらず、よりターゲット層を広げていくことを想定。加えてzenonのクラウド展開も視野に入れ、フィールドにある大量のデータを完璧に収集していく仕組みづくりを進めています。

まとめ

「世の中の一歩先を行く製品を市場に提供する」という経営理念通り、日本では導入が遅れているSCADAを積極的に展開しているリンクス。今後は市場拡大を狙った動きを強めていくことが予想されるため、さらなる成長が期待できるでしょう。